哲学
「Stay Geek」
Geekの正確な意味は僕もイマイチわかっていない。辞書を引くと奇人、変人といった意味が出てくるけど、最近の世の中はどこか良い意味でとられる場面も多くなったかなと思う。僕も、「こだわり」「探求する」「突き詰める」「妥協しない」といった意味合いで現状この言葉を選んでみたけど、直向にモノづくりしてる人を想像出来るような、時代によって意味が変わるような、人によって意味が変わるような、そんな所もネットぽくて好きでこの言葉を選んでみた。もちろんカッコ付け過ぎたとも思っている。自分・仲間・会社・プロダクト、あらゆるスコープでそれを意識したいと思う。僕が知っているGeekという言葉は良くも悪くもプロフェッショナルやエリートといったカッコいい言葉は似合わない気がする。どこか田舎っぽいと言うか、埃っぽいというか、薄汚い場所で好きなことだけを淡々と極めている。そんな風景を想像している。そんな人達が世の中を大きく変えると信じているし、そうなりたいとも思う。そしてプロダクトを作る楽しさと、一番の問題に取り組み続ける大切さもこの言葉から連想したい。僕たちはまだまだ未熟で若い。どこまで行っても完成は無い。インターネットも始まったばかり。そしてインターネットの可能性は凄い。長い人生どうせ生きるなら、多くの人の役に立てて、多くの人に喜んでもらえるようなプロダクトを作ってみたい。社会にもたらせるインパクトやパワーを常に自覚して意識して、僕ら一人ひとりがGeekであり続ければ、そんな未来に少しは貢献できるのかなと思う。Stay Geek。
BASE, Inc. 代表取締役CEO
鶴岡 裕太


ミッション

「価値の交換をよりシンプルにし、世界中の人々が最適な経済活動を行えるようにする」


行動指針

「Be Hopeful」
楽観的でいること。
期待した未来は実現すると信じて、勇気ある選択をしよう。

「Move Fast」
速く動くこと。
多くの挑戦から多くを学ぶために、まずはやってみよう。

「Speak Openly」
率直に話すこと。
より良い結論を得るために、その場で意思を伝えよう。